患者様の感謝の声 自律神経整体療法 スタッフblog
症状別改善事例 写真で分かる改善事例 動画で分かる改善事例 キャンセルポリシー 松田丈志オフィサルサイト

採用情報 詳しくはこちら

治療家として本気でプロフェッショナルを目指したい方、オリンピック選手や世界トップレベルのアスリートのトレーナーになりたい方!この世界の楽しさや深さを知りたい方はご応募ください!


アクセス

〒332-0012
埼玉県川口市本町4-1-5 高橋ビル1F

0482244601

診察時間 平日9:00~20:00

       土日祝日9:00~20:35

休診日 火曜日

JR京浜東北線川口駅東口から徒歩3分
220mの場所にございます。 

プレスの皆様へ

当院で開発した新しい治療領域である「医療指圧」を広める事で、一人でも多くの方の痛みの緩和や体質改善がされ、毎日の暮らしに笑顔が増える世の中になることを目指しております。ご連絡をお待ち致しております。

詳しくはこちら

MRI画像分析コース

メディカルこころ治療院TOP > MRI画像分析コース

腰、首、膝のMRI画像から分析、治療を行うコース

MRI画像分析コース(腰、首、膝)

足や腕の痛みで来院されて、問診の結果、原因が「腰」だと診断をしても、患者さんとしては信じられないものです。そこで始めたのがMRI画像分析コースです。

痛みの本当の原因が私たちの分析通りだと気づいていただき、治療を信じていただけたら改善のスピードも上がります。

実際に来院されMRI画像分析×整体を行った患者さんの話

院長の堀内です。

以前来院された患者さんの話です。

右足に激痛が走り、まともに歩く事が出来ず、上向きに寝る事も出来ない状態でした。

詳しく問診をしていくと痛みの原因と発症の流れがほぼ特定できました。

私の想定はこんな感じです。

「以前、腰のヘルニアが発症して姿勢が崩れていき、すべり症へと移行。
脊柱管は狭くなり、支える力も落ちて圧迫骨折を発症。」

しかし、本人は右足に激痛が走るのでしきりに足の痛みを訴えます。

この状況で「腰が原因」です。と言っても納得出来る患者さんは少ないでしょう・・・

こういう時は実際、治療を行い痛みが緩和させてから説明をしていきます。

「腰に原因がある可能性が高いのでMRIを撮ってみませんか?」

納得をされたので紹介状を書きました。

後日、結果を持参して頂き確認し、想定通りの部位に異常を確認しました。

実際に画像を詳しく説明する事でご本人もご自分の腰の状態の悪さを実感されていました。

ここまで行くと改善は速いです!約1カ月の間に5回の治療を行い、激痛がほぼ無くなり、歩行もスムーズになり、上向きに寝る事も出来る様になりました!

引き続きリハビリも併用し、筋力アップさせ運動が出来る体にしております。

以下のMRI画像はこちらの患者さんにお持ちいただいたものです。

第3,4,5腰椎ヘルニア

第3,4,5腰椎ヘルニア

第4腰椎右前方すべり症

第4腰椎右前方すべり症

第4腰椎後方圧迫骨折

第4腰椎後方圧迫骨折

第4腰椎右圧迫骨折

第4腰椎右圧迫骨折

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

MRI画像分析コースとはどんなコース?

【特徴】

  1. ①今の症状の原因をMRIまたはCTで確認できます。
  2. ②将来起こりうる障害を予測して、未然に防ぐことができます。
  3. ③治療法が明確になり、改善につながります。

【治療の流れ】

  1. ①体の状態をチェックする(来院:1回目)
  2. ②紹介状を作成し、MRI、CT専門の病院で撮影
  3. ③画像分析を行い、ご本人に模型を使って説明する(来院:2回目)
  4. ④治療を行い、痛み、症状をとっていく
  5. ⑤さらに、再発予防を兼ねて、個別トレーニングを作成する(来院:3回目以降)

(※すでに画像をお持ちの方は事前に持参して来院して下さい)

【対応症状】

椎間板ヘルニア(腰、首) 腰椎すべり症 脊柱管狭窄症

変形性膝関節症・股関節症 手足のしびれ・痛み

【料金】

1回 10,000円(税別)

MRI撮影には別途費用がかかります。(3割負担で8,000円程度)

治療には約3ヶ月、5?10回の通院が目安になります。

事例:腰椎すべり症、誤診断・誤治療 足のしびれ・痛み(坐骨神経痛)

テキストボード上部

2年前に他の治療院で腰のマッサージを受けたところ、強い腰痛と左下肢のしびれが出るようになりました。
その後、整形外科でレントゲン検査を行った結果、「腰椎椎間板ヘルニア」の診断。処方された薬(トラムセット)を1日3回飲みながら、週一回の腰の牽引を行っていましたが、良くならない為当院に来院されました。
朝と夕方に痛みが強くなる状態です。
【当院での分析結果】
・腰椎4番の前方すべり
・ヘルニアの症状なし
当院では椎間板ヘルニアでは無いと判断しました。MRIを撮影してきていただき、当院でMRI画像分析を行った結果、やはり椎間板ヘルニアではなく、腰椎すべり症でした。正確な分析のもと、治療を続けて1年。
現在では薬も断薬し、朝・夕方ともに痛みが無くなりました!
【当院からのコメント】
整形外科でレントゲンを撮り、薬を飲みながら症状を寛解させていくケースもありますが、長い年月をかけてもよくならないケースも少なくありません。
身体の状態は常に変化しているものなので、その時々に合った治療、トレーニングをしていくことで、症状は快方に向かっていきます。ただ、今回のケースの様に体の正確な分析と正しい治療が出来ないと一気に悪化してしまうケースもあります。

薬の服用期間が長かった事もあり、改善まで時間がかかりましたが、今は薬なしでも、ほぼ痛み・しびれがない状態をつくる事が出来ました。
今後、痛みなくゴルフやテニスができるように、トレーニングを行いながら体をメンテナンスしていきましょう。


【実際にいただいた喜びの声】

 

テキストボード下部

事例:MRI画像分析コース「ヘルニアからすべり症、脊柱管狭窄症へ進行。」

テキストボード上部

63歳/男性
10年前に腰椎椎間板ヘルニアを発症。5年前には腰椎すべり症の診断、
3年前には脊柱管狭窄症の診断を受ける。
半年前より右下肢のしびれと痛みが増悪し、就寝時も辛く、歩くのも困難な状態でした。
【MRI検査の結果】
ヘルニアからすべり症、脊柱管狭窄症への進行。下肢のしびれ・激痛により歩行困難のMRI画像
このように生活にもかなりの支障が出ており、手術をしていてもおかしくない状態でした。当院で12回目の治療の際には、歩く時の痛みが無くなり、スピードを上げても楽に歩けるようになっていました。今では1か月間、治療の間隔を空けても問題無く過ごせています。
【当院からのコメント】
ヘルニアからのすべり症・脊柱管狭窄症へと進行し、坐骨神経への負担により神経機能も低下している状態でした。正確な分析と治療、トレーニングにより腰椎での神経圧迫の負担が劇的に減少しました。通常、これだけ変形が進んでいると手術をすることが多いですが、今の状態がキープできれば、テニスも復帰できる可能性があります。
【実際にいただいた喜びの声】

こちらのお客様の声はコチラ > >


改善経過はコチラ > >

 

テキストボード下部

事例:MRI画像分析コース 「腰椎狭窄症、すべり症、圧迫骨折、腰椎椎間板ヘルニア

テキストボード上部

57歳/女性
2012年から腰痛が発症。
2017年1月から腰痛が悪化し、くつ下が履けない、
朝、前かがみが出来ない、左下肢に痺れ、
今まで続けてきたテニスも出来なくなる。はじめは接骨院やマッサージに通っていましたが
改善されず、MRIを撮りに行ったそうです。
病院の先生からは骨が変形しているので治りません。
との診断…
そのMRIの写真を持って当院へ来院されました。
【実際にお持ちいただいたMRIを元に分析しました】腰椎狭窄症、すべり症、圧迫骨折、腰椎椎間板ヘルニア

このように腰椎の変形や損傷、神経機能のダメージも大きい状態でしたが、
9回の治療で腰部の痛みも楽になり、下肢の神経痛も完全に消す事が出来ました。

 

【当院からのコメント】
多くの疾患が合併している状態が続くと、一つの症状が出現したときに一気に増悪するケースは少なくありません。今回の様にMRI画像を参考にし、的確な治療をすることが出来れば少しずつですが症状は軽快していきます。今後は、症状が出ないような身体の正しい使い方を覚えながら、しっかり身体のリセットをしていきましょう。

【実際にいただいた喜びの声】
腰椎狭窄症、すべり症、圧迫骨折、腰椎椎間板ヘルニア

こちらのお客様の声はコチラ > >

 

改善経過はコチラ > >

 

テキストボード下部

事例:MRI画像分析コース改善事例2 脊柱管狭窄症による足のしびれ激痛、歩行障害

テキストボード上部

57歳/女性
1年程前より、母親の介護により腰痛・右足のしびれと激痛・脱力が出て、歩行困難となる。1か月前から太ももの激痛とけいれんが出現。左足にも症状が出てきて、夜も激痛で眠れない状態になり来院されました。

脊柱管狭窄症

当院でMRI画像検査を勧め、実際にお持ちいただいた画像です。
脊柱管の狭窄と腰椎3~5番のヘルニアがかなり進行している状態でした。
神経も過敏になっており、ほとんど触れる事も出来ない状態でしたが、神経に負担のかからないように繊細な治療・リハビリ指導を行い、今では足のしびれや夜中の激痛も無くなり、順調に過ごされています。

【当院からのコメント】
今回のケースでは神経の伸縮性が極端に落ちていたこと、狭窄症もかなり進行していた為、治療パターン、ほぐしの量を間違えると術後の反応、さらには症状が悪化してしまう非常に難しい状態でした。
MRIの分析による的確な治療の元、症状の緩和に繋がっています。
今後、筋肉と関節の柔軟性アップ、神経根の圧迫を取り除く治療を進めていきましょう。

テキストボード下部

事例:出産後、恥骨結合離開により歩行困難、病院でも改善しなかった症状

テキストボード上部

恥骨結合離開

出産後、歩行が全くできない状態で、恥骨部に強い痛み『恥骨結合離開』と診断される。整形外科の治療で改善しないため、当院で治療、リハビリを行う。

1ヶ月で恥骨部のズレが治り、骨がしっかりと結合。歩行が可能となり、痛みも全くなくなる。
【当院からのコメント】

安易に骨盤や仙腸関節を整体やカイロで調整すると痛みが出たり、足が痺れたり、何より恥骨結合が正しく結合されません。
見た目重視になっているからです。
残念ながら、恥骨結合を正しく結合させる骨盤調整が出来る治療院が当院以外に、まだまだ少ないのが現状です。

【実際に頂いた喜びの声】

恥骨結合離開

 

こちらのお客様の声はコチラ > >

 

詳細な改善経過はこちら > >

テキストボード下部

事例:30年間に渡り腕のしびれ、頸椎椎間板ヘルニア・椎間孔狭窄症による腕の激痛

テキストボード上部

53歳/女性
30年前から手のしびれがあり、特に冬になると強く出現していました。
数年前からしびれが悪化、カイロプラクティックにも通ったが症状は改善せず。
半年前からしびれが強くなり、夜間の腕の痛みが強く眠れない状態で来院されました。
以前にもMRIを撮影された事はあったようですが、現在の正確な状況を把握する為、
再度MRI検査を受けて頂きました。
【実際にお持ちいただいたMRIを元に分析しました】頸椎ヘルニア 脊柱管狭窄症

頸椎5・6番椎間板ヘルニア、椎間孔狭窄症も併発している事が確認できました。
適切な治療・リハビリを行い、3か月程で強い痛みは完全に消失し、しびれもかなり軽減した状態になりました。

 

【当院からのコメント】
手指の痺れは整形外科で薬を飲んでも治癒する事が難しい症状の一つです。
また、神経の圧迫される場所が首、肩、肘、手関節と多く存在する為、
正しい分析をすることが症状を改善させる近道です。
そして、体の使い方から就寝時の姿勢まで、症状を出現させない習慣を身につける事が重要になってきます。
今後も使い方に気をつけながら、いつまでも水泳を続けられるようにメンテナンスをしていきましょう。

 

【実際にいただいた喜びの声】

頸椎椎間板ヘルニア・椎間孔狭窄症による腕の激痛

こちらのお客様の声はコチラ > >

 

改善経過はコチラ > >

 

テキストボード下部

事例:ストレートネックによる腕のしびれ

テキストボード上部

ストレートネック
2年半前から腕の痺れがあり、MRI検査をすすめる。『ストレートネック』が判明。
治療、リハビリを行い、しびれが改善。頸椎での神経圧迫が少ないので、悪化しないことを目的に現在も治療を継続

テキストボード下部

事例:腰椎すべり症による両足裏のしびれ

テキストボード上部

第4腰椎すべり症
両足裏にしびれがあり、腰椎すべり症の疑いがありMRI検査をすすめる。その結果、『第4腰椎すべり症』が判明。
現在は足のしびれもなく、歩行も問題なく行えている。現在もメンテナンスの治療は続けている。
現在は足のしびれもなく、歩行も問題なく行えている。現在もメンテナンスの治療は続けている

テキストボード下部

事例:腰椎すべり症による運動障害、階段で足があがらない

テキストボード上部

第4腰椎すべり症
階段の上りで足があがらなくなる。MRI検査の結果、『第4腰椎すべり症』が判明。
治療、リハビリで階段がのぼれるようになる。

テキストボード下部

事例:腰椎すべり症によるギックリ腰、悪化予防の治療・リハビリ

テキストボード上部

第4腰椎すべり症
ぎっくり腰が続き、腰椎すべり症の疑いがあったため、MRI検査をすすめる。その結果、『第4腰椎すべり症』が判明。
今後、歩行困難も予測しての治療、リハビリも継続中。

テキストボード下部

事例:変形性膝関節症による歩行困難、膝に水がたまる

テキストボード上部

変形性膝関節症
歩行時の膝の痛みにより歩行困難となり、MRI検査をすすめる。膝のお皿と大腿骨の間が狭くなり、『変形性膝関節症』と判明。
治療、リハビリを行い、膝の水腫(はれ)がなくなり、歩行時痛もかなり軽減

テキストボード下部


ご予約はお電話にてどうぞ!
top