マタニティ・産後コース
Maternity

マタニティ・産後コース

お母さんと赤ちゃんが元気でいられる指圧整体院

最近、産後に来院される方が急増しております。
骨盤の開き、ゆがみ、そして育児による睡眠不足や抱っこなどによる過度の疲労とストレス!

ご自身と赤ちゃんのためを考え
「お母さんと赤ちゃんが元気でいられるための整体治療」をおすすめします。

当院は、自律神経療法の高い技術が認められ、日本自律神経研究会の認定院となっておりますので安心して整体治療が受けられます。

産中、産後の体調不良や症状の程度は妊娠中にどのような状態で過ごしてきたかで大きく変わってしまいます。
妊娠中は骨盤や腰、足に大きな負担がかかる上、ホルモンバランスが崩れ自律神経が乱れやすくなります。
つわり、イライラ、不安、便秘、うつ、妊娠中毒症などの症状が出やすくなります。

妊娠中にこれらの調整をしておくことで産後育児スタート時の体の余裕が全く異なってきます。
自律神経の乱れやストレスにより胎児に行く血流量が減り十分な酸素、栄養が行きづらくなります。
そうすると子宮も固まってしまい切迫流産、早産、胎児の障害につながりやすくなります。
マタニティ整体、産後の整体治療も当院にお任せください。

マタニティケア

当院ならではのアプローチ
カラダの内側から元気になれる

最近、以前よりもマタニティマッサージなどのケアができるところが多くなってきました。 妊婦さんにとってはとても嬉しいことですよね。
私自身も嬉しく思います。
ただ、内容としてはリラックス、腰痛、肩こりの緩和、骨盤の矯正といった体の外側のアプローチがほとんどです。 当院でも、もちろん同様のアプローチは致しますが、他店と大きく違うところは、体の内側も調整できることです。

自律神経、血液の調整を行い、ホルモン状態、精神状態を整え、十分な栄養と酸素を胎児に届くようにしていきます。

ストレスや生活習慣の乱れにより自律神経が正常に働かなくなると肩こり、頭痛、腰痛、 むくみが悪化し、骨盤もゆがみやすくなります。
また、ホルモンバランスも崩れ血液が酸化状態(ドロドロ血)となり胎児に十分な栄養と酸素が届かなくなります。

胎児は母体からの血液で全て補給しているので血液の状態が良いに越したことはありませんし、ストレスでイライラしていれば自律神経が乱れ胎児にも良い影響はありません。

当院では様々な症状改善にも自律神経療法を取り入れており自律神経失調症、うつ病、生活習慣病の方も多く改善しております。
また、当院の自律神経療法と血液療法の高い技術が認められ日本自律神経研究会、日本理学手技療法協会の認定院となっております。

元気な赤ちゃんに出会うためにも胎児を第一に考えた治療を受けてみてください。

マタニティ

産後ケア

マタニティ

カラダの不調を引き起こす骨盤の歪み
産後は骨盤をリセットするのに最高の時期です。

産後、慣れない環境の変化によって、疲労、睡眠不足、ストレスから、産後うつ病にかかってしまいます。
また、女性ホルモンの乱れによる関節痛を訴える多くの方々が来院されています。
今までの治療経験からこのような症状はほとんどの方がなる可能性があると実感しております。
治療内容としては、骨盤のひらき、ずれの調整、疲労の回復、ストレスからくる自律神経の乱れの調整も行います。
出産による体力消耗はこの上ないものです。(帝王切開も同様です。) この疲労をしっかりとるには時間が必要です。しかし、産後はすぐに育児がスタートするため疲労を回復させるための環境ではありません。
この状況にさらに育児の疲労、ストレス、睡眠不足が加わってくると自律神経失調症、産後うつ、若年性更年期障害などにもつながってしまいます。
ですから少しでも早いうちに体の調整をしておくことをおすすめします。

お母さんと赤ちゃんは一心同体!だから
お母さんの笑顔が赤ちゃんには必要

赤ちゃんはお母さんが元気でニコニコしていると元気に育っていきます。
お母さんが体調不良で元気がないと赤ちゃんが悲しい思いをしますし、ダウンして病気になってしまったら誰が育児をしますか?
赤ちゃんとお母さんは“一心同体”です。

姿勢、疲労、睡眠不足からくる
産後うつの予防をしましょう

当院は、自律神経療法の高い技術が認められ、日本自律神経研究会の認定院となっておりますので安心して整体治療が受けられます。
赤ちゃんにとって良い育児環境とはお母さんが元気でいることなのです。

当院の改善症例

  • 2019/04/11
    出産後の動悸・不眠・吐き気・冷え・生理不順・生理痛

  • 2013/12/23
    妊娠の症状緩和

ご予約状況の
お知らせ
ショートメール
から予約
LINEから
予約