症状

2018年5月右人工股関節の手術を行う。
手術後の筋力回復が早くなる様、治療・トレーニングを行い、
6月末には仕事へ復帰。現在も良好。
左股関節の変形も強く、痛みもある為、手術検討中。

分析

左股関節:
変形性関節症、大腿骨頭前上方変位→内旋可動性低下により大腿神経の圧迫あり。

大腿四頭筋、膝蓋骨下方の硬さによる荷重時の痛み。

施術内容・経過

関節の変形を進行させない筋肉・関節調整、歩き方から杖の使い方まで指導し、

日常生活レベルでは問題ないため手術はしなくて大丈夫と、

主治医の先生に言ってもらう事が出来ました。

担当者よりコメント

正確な分析のもと的確な治療をしながら正しい筋肉の使い方を身体に覚えさせることで、左股関節の手術を回避する事ができました。