患者様からの感謝の声 自律神経整体療法 スタッフBlog
症状別改善事例 写真で見る改善事例 動画で見る改善事例 cocoro整骨院 キャンセルポリシー 松田丈志オフィサルサイト

採用情報 詳しくはこちら

治療家として本気でプロフェッショナルを目指したい方、オリンピック選手や世界トップレベルのアスリートのトレーナーになりたい方!この治療家の世界の楽しさや深さを知りたい方はご応募ください!


アクセス

〒332-0012
埼玉県川口市本町4-1-5 高橋ビル1F

0482244601

診察時間 平日9:00~20:00

       土日祝日9:00~20:35

休診日 火曜日

JR京浜東北線川口駅東口から徒歩3分
220mの場所にございます。 

プレスの皆様へ

当院は、テレビ・雑誌等マスコミの皆様の取材を歓迎しております。
当院で開発した新しい治療領域である「医療指圧」を広める事で、一人でも多くの方の痛みの緩和や体質改善がされ、毎日の暮らしに笑顔が増える世の中になることを目指しております。どうぞご連絡をお待ち致しております。

詳しくはこちら

国家資格者、25年の治療歴の院長による治療

メディカルこころ治療院TOP > 変形性膝関節症、膝痛専門 指圧整体コース

変形性膝関節症とは?

膝周囲に何かしらの過度の負担や間違えた使い方によって起こります。
全ての膝が痛くなる方の共通点は、使い方の癖にあります。

悪い使い方、間違えた使い方を毎日繰り返していると1年2年と何年間も膝に負担をかけて使っている事になります。

これこそが変形性膝関節症が発症し進行していく流れです。

あなたの膝の使い方は大丈夫?

こちらは膝の悪い使い方の例です。
左右交互に体の前に足を踏み出す動作をしてみて下さい。
正しい動きは、まっすぐ身体がブレることもありませんが、使い方が悪いと捻じれてしまいます。
膝への負担が徐々に大きくなり、膝痛や変形の症状が現れ始めます。

どうすれば改善出来る?

まずは、悪い使い方、間違えた使い方、身体の癖を正しく分析し、自らが知る事です。

そして、今までの間違えていた使い方の癖から少しずつ脱却し、正しい使い方を覚え、少しずつ正しい使い方の癖付けをしていく事です。

たとえ、かなり悪化している方でも十分改善は可能です。
初期症状の方も早目に良い使い方の癖付けが出来れば進行を止める事が出来ます。

改善出来る治療法?

まず、整形外科に行きレントゲンを撮ってもらい診断を受け、湿布、痛み止めのお薬、注射などをしてもらう方が多いです。

そして、接骨院に行き電気治療、マッサージ、鍼治療を行ったり。
この治療法で痛みが治ればそれで大丈夫な場合もあります。

しばらくして再度痛みが出るようであれば根本的な改善に繋がってないと思って下さい。
悪い使い方の問題を変えていかないと改善しないということです。

悪い使い方の癖はどこにある?

主に股関節、膝関節、足関節の3つの使い方に問題があります。
この3つの関節の間に存在する筋肉に問題があります。

ひとつでも筋肉の使い方が正しくない状態であれば、それに連動して他の筋肉にも代償作用が働き様々な筋肉、靱帯、そして関節に問題が広がっていきます。

まず、一番最初に悪い使い方になった筋肉を見つける事が出来ればどの様な経過で痛みが発症したのかが判断できます。

当院の治療?

・まずは身体の分析をしっかり行い根本的な問題点をみつける。
・筋肉の硬さは適切な指圧整体療法で調整。
・筋肉を正しい動きに誘導していく。
・分析に基づいたストレッチ、リハビリトレーニングの指導を行う。
・日常生活での使い方の指導を行う。

以上の流れで治療プランニングを組み立て悪い使い方癖から正しい使い方の癖に移行し、痛みを改善していきます。

膝痛(水腫)の改善事例1

膝の痛みが強く、歩くのが辛い。
杖を使ってなんとか歩行できる。
階段の昇り降りができない状態。
整形外科でヒアルロン酸注射をしているが改善しない。すべり症、ヘルニアも診断されている。

まず、左膝痛から治療していく。
膝の痛みを軽減するための筋肉調整、骨盤、股関節の調整を行う

左膝、右臀部の痛みが半減する。

【指導】

・アイシング(一日の炎症を取っていく為に毎日行ってもらう)
・歩行を減らしてもらい、極力負担をかけないことを優先させる事。

平地での歩行が楽になり、杖なしで歩ける。(一万歩)
【指導】 膝のトレーニング開始、アイシングは終了。

階段の昇りが出来るようになる。

膝に水がかなり溜まっている状態は注射だけではなかなか改善しません。
適切な治療で水が溜まらない状態をつくり、膝の変形も改善しておく必要があります。
10年以上苦しんでいた症状がご本人もびっくりされる位改善し、自信を取り戻すことが出来ました。

左足の膝痛で杖を使用して歩いても、痛みから15分位歩くと休憩してはまた歩くというようになり、特に、階段は上がることができても下ることはできなくなりました。歩行に悩み外出にも支障をきたしていました。いくらかでも歩きたいと思い、シューズにもお金を掛け何足も履き替えたり、オーダーメイドで3万8千円もする中敷きを購入したほどです。

一番困ったのが歩くことが少なくなり運動不足になったことです。すべり症と椎間板ヘルニアを併発で、その腰をかばうために左足に無理を重ねたのがその原因でした。

整形外科医院に通院し、痛み止めの内服薬を飲み続けながら、膝にヒアルロンサンの注射を8回ほど繰り返し、電気治療とリハビリを重ねていましたがいっこうに良くなりませんでした。

生命保険の外交をしていた方が良い治療院があると教えてくれたのが「メディカル心の治療院」です。先に妻が腰痛で通院していて、後から私が通院するようになりました。

いまでは、腰痛も少しずつ改善し、杖無しで歩くことができ、途中の休憩もなくなりました。段々と歩く距離を伸ばすことができましたので、電車に乗って出かけることもそれほど苦にならなくなりました。これからは、もっと遠出ができるようになることと階段の上がり下りが自由にできるようになる事が目標になっています。

高齢になっても、いつまでも自立した生活でいられるように「がんばる」のが第2の目標です。

[K.E 様 65歳男性]

膝痛(水腫)の改善事例2

平成28年6月より、元来の右膝関節の痛みが増強。(変形性膝関節症)
痛みと腫れが強すぎて歩行がほぼ出来ない。(杖を使用)

・杖を突いて右膝関節が伸びない状態で来院。
・右膝内側の疼痛と腫れ。
・膝の曲げ伸ばしがほとんどできない状態。
・膝関節周囲の筋の硬さ、膝蓋骨の可動性の低下の為、関節及び筋肉の調整を行う。

・術後、二日間楽な日が続く。
・右膝関節の疼痛が徐々に軽快。
・膝の屈伸の可動性が向上。
・前回同様の調整、ほぐしのレベルを上げる。

・調子に波はあるものの、歩行しやすい日が増えてくる。
・歩行のスピードがやや上がる。
・ほぐしのレベルを上げながら、膝関節周囲のストレッチ、トレーニングを指導。

・階段の上りが出来る様になる。
・杖なしで歩行可能になる。
・膝の完全伸展にて疼痛消失、屈曲の可動性が向上。

・サポーターなしで歩行可能。
・歩行距離が延びる。(平均3000~3500歩)
・筋の柔軟性を上げていくと共に下肢トレーニングにて筋力の向上を図る。

少しずつですが、正しい治療と正しいリハビリが出来れば確実に改善していきます。
今後、身体の使い方に注意しながら筋力をアップさせて膝の痛みが出ないようにケアしていきましょう。
趣味のそば打ちも出来る様、頑張ってください!
実際にいただいた喜びの声はこちら。(クリックで拡大できます。)

①どのような症状で来院されましたか?
28年6月から家のリフォームをした時、部屋単位で実施し、その都度、荷物を移動。これが、本・書類が多く、これが原因で右ヒザ関節がズレた為、激痛が起こり、整形外科に週3回治療に行っていましたが、改善せず、川口商工会のパソコンスクールの帰りに当院をしり、飛び込みで受け週1回の治療中。

②その症状に対して今までどんな治療をしてきましたか?(例:整形外科、整骨院など)
整形外科で週3回遠赤外線治療、シップによる治療

③当院を知ったきっかけは何ですか?
当院ならびの川口商工主催のパソコンスクールの参加中の帰りに、当院の案内で訪問し、話を聞き、お試しのつもりで、治療を受けたのがきっかけ

④治療を受けて、良くなった経過を教えてください
整形外科の治療と併用したうえで、右ヒザの関節を中心にリハビリ的治療を中心に2ヶ月程受け、その後はリハビリ治療と併用した結果、12月で杖の利用は終わり、現在は階段の登りは普通に、下りはゆっくりと降りれるようになり、1月からはそれまで利用のサポータの使用も中止でき、寒い日以外はヒザにあてていた、保温カバーの利用もやめれました。

⑤当院は他の治療院と何が違いますか?
整形外科は遠赤外線で温めるだけですが、当院は右ヒザを中心とした治療まで、確認しながらすることにより、具体的に細部まで確認しながらの治療の為、又より具体的に治療の目的の説明もあり、自宅でその補完ができる為、治りが早いと感じました。

⑥治療を受けた感想、同じ悩みを持つ方にメッセージをお願いします
治療の前に、前回のあとの状態の聞取りをした上での治療になる為、より具体的の為、安心して受けることができると共に、治療中にこちらの指摘というか、お願いを入れた治療をしてくれるので、時間はかかっていますが、これからも引続き治療を受け早く完治と期待しています。又、その後についてはムチ打ちの後遺症の治療も受ける予定です。

膝痛の改善事例 MRI画像分析からの治療

歩行時の膝の痛みにより歩行困難となり、MRI検査をすすめる。
膝のお皿と大腿骨の間が狭くなり、『変形性膝関節症』と判明。

治療、リハビリを行い、膝の水腫(はれ)がなくなり、歩行時痛もかなり軽減

左膝痛、歩行困難の為、CT検査をすすめる。
膝の内側がかなり変形しており、『変形性膝関節症』と判明。

治療、リハビリを行い、連続歩行時間がのびる。痛みも軽減。

動画で見る膝痛の改善事例 Before After

1ヶ月前まで杖2本をついて来院されていた患者さんの改善事例です。
上から順に経過をご紹介いたします。

ご来院いただいた当初は、ほぼ歩けていません。
検査したところ、両膝がほとんど曲がらない状態で筋力低下も激しい…

この状態になってから半年程経過していました。

このケースは安易なほぐしは禁物です!
まず、膝のアライメントを整える調整と正しいトレーニング指導を行いました。
筋肉を緩め過ぎず、関節に負担がない様にトレーニング!これがまた難しい…でもなんとかなるんです!

そして先日、来院いただきました。
「2日前から膝に痛みがなく、杖なしで歩けてる!久しぶり~。」
順調です。
今後も焦らず慎重にトレーニングを続けていきましょう。
必ずゴルフも出来る日が来ます(^^)

写真で見る膝痛の改善事例 Before After
ご予約はお電話にてどうぞ!

top