整体を受けられた患者様の感謝の声 整体による自律神経整体療法 整体による改善事例blog
今週の改善事例 症状別改善事例
アクセス メディカル指圧整体院

〒332-0012
埼玉県川口市本町4-1-5 高橋ビル1F

TEL:0482244601

診察時間 平日9:00~20:00

       土日祝日9:00~20:35

休診日 火曜日

JR京浜東北線川口駅東口から徒歩3分
220mの場所にございます。 

今までの症状別改善事例の一部をご紹介いたします。

メディカルこころ治療院TOP > 症状別改善事例

2018-3-13

四十肩、頸椎椎間板ヘルニアの前兆の改善事例

症状
 

1週間前から左腕が上がらなくなり、重い物が持てなくなる。

整形外科に通院し首のレントゲンを撮り、ストレートネックの診断を受ける。

「腕の症状の原因はよくわからない」と言われる。

薬やリハビリを行っても症状が変化しない。

頭を上に向けると首が痛い。

二の腕が痛い。

 
分析
 

頸椎7番、胸椎1番の可動性低下

ストレートネック

上腕骨の上方、前方変位

 
施術内容・経過
1回目
 

治療

左側をメインに頸椎、肩関節の調整を行う。

 

説明

肩関節周囲炎(四十肩)と頸椎椎間板ヘルニアの前兆の症状であることをお伝えする。

 

指導

無理に動かすことを禁止、痛みの無い範囲で使用することを指示

→関節が傷つき、炎症が起こる可能性がある

 

 
2回目
 

二の腕の痛み消失

左腕の挙げづらさは残存(以前よりは軽快)

右肩のコリが気になってきた

左肘付近のつっぱり感が気になる

 

治療

治療レベルをアップし、今回は右側の調整も行う。

→術後、スッキリした感覚が出る。

 

宿題

肩甲骨の体操

 

 
3回目
 

肩関節の可動域広がる

横から挙げる動作が出来るようになった。前から挙げる動作がまだ辛い。)

腕の辛さが軽減し、首肩のだるさが気になるになった

 

治療

顎関節の調整を追加する

 

宿題

咬筋のほぐし、口を開けて顎の力を抜く

 

説明

くいしばりにより、頸椎の可動性が低下する事を説明する。

2週間チャレンジOK。

 

 
4回目
 

肩は前から挙げた状態で重い物を持つ時が痛い

首肩のだるさあり

首の痛みはまだ残存しているが、可動性は増大している

 

宿題

大胸筋のストレッチを追加

 

 
5回目
 

左腕の痛み消失(挙げる動作も問題なし)

頸椎の可動域更に増大

 

 
担当者よりコメント
 

四十肩、頸椎椎間板ヘルニアの前兆の症状でした。

今回の様な症状から進行していきます。

多くの方が、挙がらない・動かないから無理をして動かして悪化していきます。

今回は悪化する前に状態をしっかり分析し、治療する事が出来ました。

正しい治療を行うことで、今後も再発を防止する事が可能です。

 



top