整体を受けられた患者様の感謝の声 整体による自律神経整体療法 整体による改善事例blog
今週の改善事例 症状別改善事例
アクセス メディカル指圧整体院

〒332-0012
埼玉県川口市本町4-1-5 高橋ビル1F

TEL:0482244601

診察時間 平日9:00~20:00

       土日祝日9:00~20:35

休診日 火曜日

JR京浜東北線川口駅東口から徒歩3分
220mの場所にございます。 

ロゴ

今までの症状別改善事例の一部をご紹介いたします。

メディカルこころ治療院TOP > 症状別改善事例

2018-3-1

右膝関節内側半月板損傷 改善事例

症状
一週間歩行量が増加した際、元々痛めていた右膝関節内側に違和感。

徐々に痛みが増し、特に、座っている状態から立ち上がる時に激痛が走る
分析
ハムストリングス・臀部・膝窩・ふくらはぎの過緊張

膝蓋骨可動域制限

股関節内旋可動域低下及び屈曲制限

下腿外旋
施術内容・経過
1回目
分析のもと筋肉の硬さとバランスを整え、股関節、膝関節、

足関節のアライメントを修正。

術後、膝の痛みが減少する。

屈曲時の膝蓋骨の可動が増加する。
2回目
治療から2.3日は膝の痛みが消失。その後、少しずつ痛み出現。

セルフストレッチを指導し、アライメントの崩れを減らす。

合わせて下肢のストレッチを指導する。

筋と関節のアライメント修正
3回目
痛みが減少し。日常生活での歩行は痛みなし。

筋と関節の調整後、歩行のクセを指摘し正しい歩行を指導する。
4回目
日常は引き続き問題無し。

正座・踏み込みでの痛み軽減の治療を行う
5回目
症状が消失していた事で歩行量を増やし過ぎ痛みの出現。

再度、膝の使い方と歩行量に対して指導。

膝関節屈曲の可動性がアップ。

今後の事を考えMRIを勧める。
6回目
MRIの画像を確認

→右内側半月板損傷と判明

膝の正しい使い方について説明、半月板の負担がかからないトレーニング指導。

 
7回目
膝関節の使い方が改善され全く痛みのない状態になる。

歩行もスムーズになり、歩行量が増えても問題無し。

半月板に負担がかからない使い方がマスターできる。

右脚に全体重がかかっても痛みが出なくなる。

 
担当者よりコメント
半月板損傷は、手術以外に治癒する手立てが無く痛みが引かない、

または痛みと上手く付き合っていかなければならないケースも少なくありません。

今回のケースでは、半月板に負担のかからない膝関節の正しい使い方と

必要な筋力トレーニングで、短期間に痛みを取る事が出来ました。

やみくもにトレーニングを行っても痛みを取る事は出来ません。

正しい分析と正しい治療、正しい使い方が出来れば、

膝に痛み無く長く使う事が出来ます。

筋力を落とさないように引き続き筋力トレーニングを行いながら、

現在の状態を今後もキープしていきましょう。



top