患者様からの感謝の声 自律神経整体療法 スタッフBlog
症状別改善事例 写真で見る改善事例 動画で見る改善事例 cocoro整骨院 キャンセルポリシー 松田丈志オフィサルサイト

採用情報 詳しくはこちら

治療家として本気でプロフェッショナルを目指したい方、オリンピック選手や世界トップレベルのアスリートのトレーナーになりたい方!この治療家の世界の楽しさや深さを知りたい方はご応募ください!


アクセス

〒332-0012
埼玉県川口市本町4-1-5 高橋ビル1F

0482244601

診察時間 平日9:00~20:00

       土日祝日9:00~20:35

休診日 火曜日

JR京浜東北線川口駅東口から徒歩3分
220mの場所にございます。 

プレスの皆様へ

当院は、テレビ・雑誌等マスコミの皆様の取材を歓迎しております。
当院で開発した新しい治療領域である「医療指圧」を広める事で、一人でも多くの方の痛みの緩和や体質改善がされ、毎日の暮らしに笑顔が増える世の中になることを目指しております。どうぞご連絡をお待ち致しております。

詳しくはこちら

15万人以上の治療実績を誇る、当院の整体治療について

メディカルこころ治療院TOP > 自律神経整体療法

自律神経整体療法 img1.gif
患者様の喜びの声 img2.gif

今、このページを読んでいらっしゃる方はおそらく『自律神経』という言葉に興味を持たれている、
または『自律神経の乱れ』による症状に悩まれている方であると思います。
そんなあなたに少しでも『自律神経』について知っていただくためのものです。
これを機に、自身の生活を振り返り、辛い症状を解決していく第一歩となれたらと思います。

自律神経って何?

①自律神経の役割

自律神経とは『自分の意志でコントロールする事のできない自動で働く神経』のことです。

私たちの体は自分の意思とは関係なく、心臓を動かす、食べ物を消化する、呼吸をする、 汗をかくなど生命を維持していく為に必要な機能を調節し、一定の状態を保つことができます。

それを担っているのが『自律神経』です。

②交感神経と副交感神経

自律神経には2つの相反する神経があります。

ひとつが交感神経
私たちが、働いたり、運動をしたり、勉強に集中したりするときに働く神経です。
車に例えると「アクセル」のようなものです。

もうひとつが副交感神経
夜寝ている時やリラックスしている時に働く神経です。 (ただし、内臓は副交感神経の働きにより活発に働き、それにより体を回復させます) 車に例えると「ブレーキ」のようなものです。

交感神経と副交感神経は状況に応じてシーソーの様にバランスよく働くことが重要です。
このバランスが何らかの原因で崩れると体にさまざまな不調が生じます。

img3.gif

③自律神経の健康度をチェック

それでは、現在の自分自身の自律神経の健康状態をチェックみましょう(33項目)


あてはまる項目をクリックして
チェックを付けてみてください。

睡眠チェック
1、睡眠時間が6時間以下である
2、布団に入ってから寝るまでに30分以上かかる
3、夜中によく目が覚める
4、よく夢をみる
5、朝起きても疲れがとれずだるい・朝なかなか起きれない
からだの症状チェック
6、1週間に1回以上頭痛が出る
7、薬をよく飲む
8、時々めまいが起きる(または、過去に起きたことがある)
9、時々耳鳴りがする
10、立ちくらみがする
11、運動をしていないのに心臓がどきどきすることがある(動悸がある)
12、息切れや息苦しさがある
13、手足が冷えていることが多い
14、手足がしびれることがある
15、頭や顔が熱いと感じる(ほてり)
16、生理痛が辛い・月経不順がある (女性のみ)
17、慢性的に肩こりがある
18、腰痛がある
内臓の調子チェック
19、下痢や便秘がある
20、食欲がない
21、食べ過ぎてしまう
22、お腹がはっていることがある
23、胃もたれ、胃痛がある
24、食べ物が飲みこみにくい
体質チェック
25、乗り物酔いをしやすい
26、気候(気温や気圧)の変化に弱い
27、かぜをひきやすく、治りにくい
28、やけに光がまぶしく感じる事がある
29、最近体重が急激に増えている(または減っている)
精神症状チェック
30、物事にイライラしやすい
31、仕事や家事に集中力できない
32、やる気が起きない
33、仕事やプライベートでの悩みが多い

診断結果

合計個です。

1~5個の方:初期症状レベル

めまいや頭痛などがある場合は自律神経の乱れのはじまりです。
日々の生活を見直しましょう。

6~10個の方:要注意レベル

自律神経が乱れてきています。
当院の治療により比較的早期の改善が期待できます。
お気軽にご相談ください。

11~20個の方:要治療レベル

自律神経の乱れが日常生活に支障を及ぼしています。
日常生活の改善のみでは不十分であると考えられます。
できるだけ早めの治療をおすすめします。

21個以上の方:危険レベル

自律神経がかなり乱れており、早急な対応が必要です。
今すぐ、治療を受けてください。

自律神経が乱れると起こる症状について

次に、自律神経が乱れるメカニズムについて簡単に説明します。
『自律神経の乱れ』と一言で言っても、タイプがいくつかありますが、9割以上の方が
交感神経が働き過ぎて、副交感神経が働かなくなっている状態です。

自律神経にはバイオリズムというものがあり一日の中でも働きやすい時間が決まっています。
簡単にいうと、健康な方の場合、日中活動している時は交感神経が優位になり、
夜寝るときは副交感神経が優位になります。

img4.jpg

この、バランスが良い状態で保たれることで、日中の活動に伴う疲労を、 夜の睡眠でしっかりと回復する事ができ、健康な状態が維持できます。

しかし、日中の疲労が過度になったり、大きなストレスを抱える事により、 交感神経が過剰に働き、副交感神経による回復が間に合わなくなります。

  • さきほどの車に例えて言えば、アクセルを踏みっぱなしでブレーキの利かなくなっている状態です。 その状態が続くと、いずれはガソリンがなくなり動かなくなってしまったり、故障したりしてしまいます。
    人もストレスや疲労が過剰になると、めまいや頭痛などが出現し、活動ができなくなってしまいます。

    この状態を改善させるためには

    ①働き過ぎている交感神経を抑えること
    ②働きにくい副交感神経を高めること

    の両方が必要になります。
  • img5.jpg
当院での治療について

そこで、実際に当院で実施している治療について、簡単に説明します。
まずはじめの目的として、過剰に働き過ぎている交感神経を静めて、体と頭が休むスイッチを入れていきます。 ここで重要なことは、体だけでなく、精神的にリラックスし、副交感神経が働きやすい環境をつくることです。 そのために、当院ではベッド回りの環境や香り、室温、照明などさまざまな配慮をしています。

具体的な施術例は以下のようなことを実施します。
(※実際の細かい内容はその方に合わせた方法を選択していきます)

①筋肉の調整
全身の血流を促し、副交感神経を刺激します。

②内臓環境(お腹)の調整
内臓環境を整える事で、副交感神経を高めていきます。

③首、頭、顔の調整
首や顔周りの筋肉、関節を調整により自律神経を整えます。

④生活指導
自律神経の乱れは、その方の生活習慣や健康状態に大きく関わってきます。
そのため、生活習慣の見直しが重要となります。

当院の改善症例

~パニック障害、不眠症~

症状
  • img6.jpg

    37歳女性

  • 5年以上前から不眠症,めまい,動機,手の震え,頭痛。
    3年前にパニック障害を患う。
    5年前から心療内科に通い、睡眠剤、安定剤、頭痛薬を飲み続ける。
    整体に通うも毎回担当者が変わることで改善が見込めず当院に来られる。

施術内容・経過
1回目

体全体の分析、生活習慣の分析を行う。
副交感神経の刺激を行う。
術後、副交感神経刺激による反応で三日間頭痛が続く。
その後痛みが取れ再発なし。

2回目

頭痛が出ることがなくなる。
5年ぶりに睡眠薬なしで寝ることができる。

病院で睡眠薬の処方がなくなる。

3回目

5年ぶりに全く症状がない状態で1週間過ごすことができる

4回目

自律神経の切り替えがスムーズに行える状態になり、仕事、家事問題なくこなすことができる。

img7.gif

~自律神経・パニック障害~

症状
  • img8.jpg

    37歳女性

  • 動悸、めまい、不眠、手足の冷え、低体温、胃もたれ、
    便秘、生理痛、体重増加。
    心療内科、婦人科、脳外科、整形外科を受診。
    様々な整体に通うも改善されず、当院へ

施術内容・経過
1回目

まずは症状の経過をしっかり問診して問題点を明確化し、不安感を取り除く。
極度のパニック症状、動悸があるので慎重に治療を行う。
術後、パニック症状、動悸がなく精神的に安定する。

2回目

不眠が以前よりも改善する。
パニック症状も激減。治療レベルをあげ、生活指導を行う。

3回目

月経困難がなくなる。
深い睡眠が出来る様になる。

4回目

動悸、パニック症状が全く出なくなる。めまいが無くなる。朝の目覚めが良くなる。

5回目

足の冷え、のぼせが無くなる。
食欲が出てくる。便秘が改善する。

6回目

状態が良くなった事で無理をし過ぎてしまい、パニック症状、動悸が出る。

7回目

体重が3kg減る。
味覚、嗅覚が改善。腕の痺れが無くなり、腕力が戻る。
以降、多少症状が出る事もあるが全ての症状が出なくなる。

img9.gif
自律神経治療についてよくある質問
  • img10.gif
  • 保険診療は使えますか?

保険診療は捻挫や骨折、打撲などの急性期のケガ等が対象となるため、自律神経の治療では使えません。

  • img10.gif
  • 一回の治療ですべて良くなりますか?

しっかりと症状を改善させるためには、継続的な治療が必要になります。
一回の治療で効果を実感できる方もいれば、数回の治療の中で徐々に改善していく方もいます。

  • img10.gif
  • どのくらいの頻度で通えばいいですか?

その方の症状や生活習慣によって異なりますが、治療の初期段階では1週間に1度のペースを提案させて頂いております。
理由としては、はじめのうちは状態も不安定で、治療の間隔が開き過ぎてしまう事で、症状が元の状態に戻りやすく、改善のスピードが遅くなってしまいます。
状態が安定してくれば、その都度間隔をあけていきます。

  • 辛い症状でお困りの方、
    まずは、メールでご相談受け付けております!

  • img10.jpg
ご予約はお電話にてどうぞ!

top