整体を受けられた患者様の感謝の声 整体による自律神経整体療法 整体による改善事例blog
今週の改善事例 症状別改善事例
アクセス メディカル指圧整体院

〒332-0012
埼玉県川口市本町4-1-5 高橋ビル1F

TEL:0482244601

診察時間 平日9:00~20:00

       土日祝日9:00~20:35

休診日 火曜日

JR京浜東北線川口駅東口から徒歩3分
220mの場所にございます。 

今までの症状別改善事例の一部をご紹介いたします。

メディカルこころ治療院TOP > 症状別改善事例

2017-4-17

踵骨骨端線損傷(シーバー病)

症状
2016年10月頃に踵付近に痛みが出る。
2016年12月、整形外科にて踵骨の骨端線損傷との診断を受ける。
サッカーをした後に痛みが強くなる状態。現在はサッカーを中止している。
施術内容・経過
1回目
(分析)腓腹筋・ヒラメ筋の柔軟性の低下により、踵骨骨端部へのストレスとなっている。骨模型を使い、筋肉と関節の動きについて説明させていただく。 (治療)とくにヒラメ筋部の柔軟性の低下が強い為、筋肉調整を行う。 (指導)ふくらはぎの筋肉の柔軟性・筋力を上げる為のトレーニングとストレッチを指導する。
2回目
1日に痛む回数が5回→1回。痛みの程度は10分の3まで軽減する。 (指導)低負荷でのサッカーを許可する。
3回目
サッカープレー中に踵を蹴られた事によって痛みが強くなるが、大事には至らず。
4回目
痛みが出ない日が増えてきた。痛みの程度は10分の2まで軽減。
5回目
日常生活での痛みが無くなる。 (指導)サッカーでの負荷を少しずつ上げていく事を許可する
6回目
整形外科でのレントゲン撮影で骨端線損傷が回復してきているとの診断を受ける。 (指導)ヒラメ筋のストレッチを追加する
7回目
痛みの程度が10分の1まで軽減。
8回目
足関節の動きの問題を説明する。 (指導)正しく動かす為のトレーニング時のポイントの説明を行う。
9回目
整形外科にて骨端線損傷が回復しており、経過順調との診断を受ける。 サッカーのプレーも問題無く行えるように回復した。
担当者よりコメント
足関節まわりの動きのくせと柔軟性の問題が今回の原因でした。
正しい動かし方を身につけ、柔軟性を出し、筋力をアップさせる事で再発は防げます。

お伝えした事をしっかり取り組んでくれたので、早期回復をする事が出来たと思います。



top