整体を受けられた患者様の感謝の声 整体による自律神経整体療法 整体による改善事例blog
今週の改善事例 症状別改善事例
アクセス メディカル指圧整体院

〒332-0012
埼玉県川口市本町4-1-5 高橋ビル1F

TEL:0482244601

診察時間 平日9:00~20:00

       土日祝日9:00~20:35

休診日 火曜日

JR京浜東北線川口駅東口から徒歩3分
220mの場所にございます。 

ロゴ

今までの症状別改善事例の一部をご紹介いたします。

メディカルこころ治療院TOP > 症状別改善事例

2018-5-13

肩関節痛(スイマーズショルダー) ~リオオリンピック競泳金・銀・銅メダリスト~

症状
左肩関節のハマりが悪く、泳ぎの時に電気が走る痛みがある。

 
分析
肩関節深層筋(インナーマッスル)の筋力低下

関節包の硬さ

肩関節外旋、内旋制限(内旋の制限は顕著)

 
施術内容・経過
1回目
治療

左肩関節をメインにして、全体の調整。

最後に深層のトレーニングを施行。

 
2回目
(前回より5日後)

・治療翌日、左肩の調子は良好。

・頸部のハリを感じる。

・立位の状態で骨盤前方へ。

→右股関節外旋可動増大の為

・左股関節の雑音(クリック音)が聞こえる。

→中殿筋の硬さによる左股関節狭小。

 

宿題

肩関節内旋、外転トレーニング指導。

 
3回目
(前回より3日後)

・肩関節、やや改善傾向。

→キャッチで内旋意識を持つことで疼痛減少

・右肘関節:尺側手根伸筋、屈筋の疲労感あり。

・左股関節は、外旋筋・腸腰筋の硬さあり。

 

説明

現状、左肩関節は正しく使えていれば問題なし。

今後、徐々に筋力を上げていく事が目標。

 
4回目
(前回より4日後)

・左の首肩に少しハリを感じる。

・左中殿筋・股関節の硬さあり。

→くの字泳ぎの為。

→右外側広筋のハリあり。

・右肘関節は少し疲労感あり。

→上腕三頭筋短頭の滑り込み低下による伸展可動性の低下。

 

治療

右肩関節・右外側広筋のほぐしでバランスを取る。

左後方関節包の硬さをとり、肩甲下筋の出力を上げる。

→肩関節後方位で使うため。

 
5回目
(前回より4日後)

・左首肩・左内転筋・右二頭筋のハリ感あり。

・バランスは骨盤右前方の感覚。

→右股関節外旋が強い為。

左肩の内旋可動性増大。

→肩甲下筋の筋力アップした為。

 

治療

肩関節の調整によりバランスを整える。

 
6回目
(前回より3日後)

・左首肩のハリ感多少あり。

身体のバランスは良い状態を保てている。

・下肢・大腿四頭筋・臀部の疲労感あり。

→右ハムストリングス、外側広筋をうまく使えている。

 

治療

前回同様の治療パターンで行う。

 
7回目
(前回より約1か月後)

・コナミオープンにて、後半に良いフォーム維持が出来ない。

→筋力不足のため。

→合宿で意識して使っていた。

・左肩関節のつまり感あり。

・バランスは良くない感覚あり。

→左股関節、中殿筋の硬さあり。

・時差ボケにより腹部の状態悪く下痢が続く。睡眠も良くない。

 

治療

左肩関節のインピンジメントあり。

→棘上筋・棘下筋による硬さを少しずつ取っていく。

腹部はホットパックのみ。

 

説明

・左深層筋の筋力向上により、左右差改善。

→右呼吸しづらい感覚があっても問題なし。

→未だ、右より筋力が劣っている為。

→正しく使えている証拠。

 
8回目
(前回より4日後)

・バランスは安定している。

・動きもいい状態が続いている。

・左肩関節、キャッチとリカバリー時に痛みあり。

分析:棘上筋の硬さにより肩関節の滑り込みの低下、内旋可動性低下。

・時差ボケの影響あり。

 

治療

左肩関節のアライメント調整とトレーニングを行う。

 
9回目
(前回より3日後)

・一昨日、左肩関節の痛みが若干あったが、徐々になくなり本日は問題なし。

・キックが多く、ブレスト時、左内転筋痛あり。

→左股関節外旋可動低下の為。

・本日の練習にてスピードあげて出力

 

出した為、右広背筋、三頭筋に硬さあり。

 

治療

前回同様の調整を行う。

 
10回目
(前回より4日後)

・左肩関節の痛みは減少。

・右肩関節は疲労により痛みあり。

・前回の左内転筋痛は若干治まっている。

・バタフライにてスピードを上げると「右くの字」型になる。

→広背筋、方形筋、腰腸肋筋の影響。

・睡眠時、一度中途覚醒あり。

 

治療

小円筋・棘下筋のセルフトレーニングを指導。

 
担当者よりコメント
左肩の深層筋の筋力低下と軟部組織の硬さにより関節のアライメントが崩れ、正しい使い方が出来なくなっていました。
正確な分析と的確な治療を行う事で、関節周囲筋の柔軟性がアップし、関節本来の正しい動き方を取り戻すことが出来ました。この状態をキープしながらフリーの泳ぎの問題点をピックアップし、改善していきましょう。

200m個人メドレー・400m個人メドレー、2種目での日本代表おめでとうございます。

 



top